11月新台P牙狼コレクション初打ち!ヘソがおっきい…仕事帰りにも最適

P牙狼コレクション 初打ち実践パチンコ実践
サンセイ R&D
この記事は約5分で読めます。
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村 スロットブログへ

11月最初の新台の中で、今回実戦として選んだのが「P牙狼コレクション」です。

今回の新台の中で特殊なスペックの一つである、パチスロのAタイプに近い機種となっています。

早速新台のP牙狼コレクションを実践しましたが、仕事帰りのサラリーマンにも最適と感じました。

最大のポイントは、そのヘソの大きさ。実際に打ってもらいたい!

P牙狼コレクションとは

P牙狼コレクション

大当たり確率は設定ごとに分かれており、演出で示唆することもあります。

大当たり確率

いわゆる設定付きパチンコで、6段階設定の、スロットのような設定です。

P牙狼コレクション 大当たり確率
設定通常時確変時
11/179.551/89.77
21/169.781/84.89
31/159.841/79.92
41/149.281/74.64
51/139.141/69.57
61/129.771/64.88

なお確変突入率は20%程度で、ST50回となります。

BIGボーナス(10R)とREGボーナス(3R)それぞれ約3%強、2RのGARO牙チャならば確変濃厚となります。

ヘソが約1.5倍!

とにかくピックアップしたいのが、ヘソの大きさです。

撮影できませんでしたが、通常のヘソの1.5倍程度あります。

おヘソがおっきい

また過去の牙狼シリーズのSTに追加演出を加え、150回1セットとして進んでいきます。

ただし途中でステージを変えることもできます。

ヘソの大きさや確変突入率を考慮するとボーダーは設定1で、1,000円で40回以上が必要です。

実戦開始

等価交換のホールなので、現金投資を続けながら進めていきます。

実戦開始直後に1,000円で早速REGボーナスを引きますが、その後追加1,500円でBIGボーナスを引き当てます。

この後剣を引き抜く演出が発生しますが、斬馬剣ならばBIG濃厚となっています。

ここではBIGボーナスとなりました。

ボーナス後はステージを変えて進めることもできますが、牙狼FINALを選択して開始します。

続けてBIGボーナスを追加500円で引き当てることができました。

回転数はムラがあり、1,000円で40回まわることもあれば、30回に満たない時もありました。

投資3,000円で3,500発近く持ちますが、ここからハマっていきます。

GARO牙チャ発生! 設定示唆は出るか?

300回転を過ぎた頃、突然GARO牙チャランプが光って当たります。

これは確変濃厚で、2Rか10Rとなります。

なおここではセグをチェックして、10Rであることは確認できました。

問題は設定示唆が出るかどうかです。

GARO牙チャでは色々と設定示唆演出が発生しますが、ボタン連打でカプセルから出るキャラクターがポイントです。

例えばこんな感じです。

  • ホラーが数体出ると偶数示唆
  • トントンの種類で高設定示唆
  • 10R時Vアイコンが5番目なら設定5以上

今回11番目に赤いカプセルがありましたが、ここでVが出てきます。

結果、設定示唆は何も出ていませんでした……

その後確変状態に入ったところで、再度BIGボーナスを引き当てます。

収支としてはほぼ横ばいで、ある程度プラスになったところで終了です。

最終的な終了状態の画面は以下のとおりです。

総回転数と設定予測

実戦時間は約2時間ですが、終了時の結果は以下となりました。

総回転数
1856回転(うち970回転回す)
大当たり回数
11回(BIG5回:REG6回)
大当たり確率(確変部含む)
1/168.72

最初に記載した、設定ごとの確率に当てはめます。

P牙狼コレクション 大当たり確率
設定通常時確変時
11/179.551/89.77
21/169.781/84.89
31/159.841/79.92
41/149.281/74.64
51/139.141/69.57
61/129.771/64.88

単純に確率だけで見ると、設定2のように見えます。

しかしSTでも引き当てているだけでなく、当てた時やステージチェンジでも偶数示唆はありませんでした。

結果、設定1だったのではないかと実戦を通じて感じた内容となっています。


P牙狼コレクション実践結果

かろうじてプラス収支で終えることができましたが、最初にBIGボーナスを2回立て続けに引いた時に止めれば1万円近く勝てていた内容でした。

パチンコながらスロットのAタイプを打っている感覚だけでなく、ヘソが大きいので2時間で1,000回近く回せました。

演出は過去のSTが好きだった人は受け入れやすく、保留が7もしくは8個目は変動が1.2秒でスピーディーです。

もしもそこで当たっていても、1.2秒で当たりです。

なお今回実戦の中で、演出中に牙狼剣デバイスが振動したことがありましたが、これは大当たり濃厚です。

仕事終わりで短時間勝負ができる機種といってもいいでしょう。

投資 26,500円
回収 29,500円
収支 +3,000円

コメント

機種や演出など、正確な情報をお届けしているつもりですが、その正確性を保証するものではありません。情報が不正確だったことに起因する損害が発生いたしましても、損害の補填や保証はいたしかねます。

また、パチンコ・スロットは遊戯です。お財布に余裕を持って遊びましょう!

タイトルとURLをコピーしました