12月の新機種のPバジリスク~甲賀忍法帖~2は案外玉持ちが良いおすすめ機種

Pバジリスク~甲賀忍法帖~2 玉持ちが良いのは不死チャッカーがミソパチンコ実践
メーシー
この記事は約5分で読めます。
にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村 スロットブログへ

12月の新機種も色々と出てきましたが、今回はPバジリスク~甲賀忍法帖~2で実戦をしていきます。

パチスロではバジリスク~甲賀忍法帖~絆が各店舗で撤去されましたが、Pバジリスク2が稼ぎ頭となれるか注目していました。

事前情報ではパチスロの演出も色々とあったので、どこで出てくるか注目しながら打っていきます。

玉持ちがいい台構成になっている

Pバジリスク2は大当たり確率319.6分の1で、ヘソでは全体の50%が10ラウンドと小当りラッシュがついてくる仕組みとなっています。

継続率は72%ですが、これは様々な小当りラッシュが搭載されている機種の中では高めとなっています。

ちなみにGANTZ2ならば継続率60%、北斗の拳8は66%となっています。

Pバジリスク~甲賀忍法帖~2

左下には朧のイラストが書いてある扇形のアタッカーがあります。

これは入賞すると4個返ってきますが、弱めに打つと釘調整が良ければヘソを狙いながら常に入賞を狙っていくことができます。

このアタッカーを活用しながら節玉を行い、回転率をアップさせることもできます。

そしてヘソの下に「不死」と書かれた箇所がありますが、これは後ほど説明します。

Pバジリスク~甲賀忍法帖~2 不死チャッカー

謎の朧アイコンと好機到来

ボーダーは等価で21.8回転必要と言われていますが、朧アタッカーにとにかく入るので玉持ちが良いです。

5,000円で100回転弱回り、ここでチャンスが到来します。

見づらいですが朧ZONEに突入したと同時に、激熱演出であるバズーカブーストが発生し風がハンドルを握る手に当たります。

Pバジリスク~甲賀忍法帖~2 バズーカブースト

これは保留が点いた時に、右上に朧アイコンが点灯したところから騒がしくなっていきました。

通常時の煽りで伊賀か甲賀と書かれた図柄が登場することがありますが、これが「忍ストック」です。

  • 甲賀→甲賀組十人衆の誰かをストック(弦之介など)
  • 伊賀→天膳か朧をストック

ストックしたキャラクターが回転中にサポートし、保留変化などをもたらします。

回転中に朧が出てくる演出がいくつかありましたが、そのまま発展していきます。

Pバジリスク~甲賀忍法帖~2 朧出現

信頼度の高い豹馬対小四郎リーチに発展します。

途中バジリスク群が発生し、後半発展時には金文字で「激熱」が出てきます。

バジリスク群は最後に朧が登場しますが、転倒すると大当たり濃厚です。

今回は朧が見事に点灯してくれました。

Pバジリスク~甲賀忍法帖~2 朧点灯

不安なくこのまま当てることができましたが、ここで右上にあった朧アイコンの答えが出ます。

図柄は2で揃いましたが、ここで発動します。

再抽選で7図柄に昇格し、10ラウンド分の出玉と小当りラッシュも獲得することに成功します。

Pバジリスク~甲賀忍法帖~2 7図柄に昇格

不死チャッカーは玉減りに活かせる

10ラウンド分の出玉を獲得し、小当りラッシュとなる「神瞳術RUSH」に突入します。

Pバジリスク~甲賀忍法帖~2 神瞳術RUSH

小当りの確率は約2分の1、確変中の確率は81.2分の1となっています。

確変中の確率は、北斗無双のSTの確率とほぼ近いと言えるでしょう。

しかし残っていたヘソで当たっていたようで、スタート直後扉が閉まります。

Pバジリスク~甲賀忍法帖~2 ヘソ当たり

変動は5分近く続きますが電チューは動いているので、ここは小当りラッシュを狙っていきます。

ここでヘソの下にある不死チャッカーの意味が分かりましたが、小当りラッシュ用の電サポ保留であるとともに、1個返しで返ってきます。

よって小当りラッシュ中は不死チャッカーを利用して、玉が減らずに小当りを狙っていける仕組みになっています。

このヘソ大当たりは先程同様、50%の10ラウンド当たりとなっていました。

小当りラッシュは絆乱舞がポイント

本格的に小当りラッシュとなりますが、実際に小当りを狙うとアタッカーへ玉が入りづらいと感じます。

他のメーカーならばアタッカーの上で玉が減速しますが、若干傾斜がかかっていてスピードが衰えずに不死チャッカーに向かっていきます。

1回の小当りで1個から2個、20発強手に入れるのがやっとです。

時には全く入らないケースが連続することもありましたが、ここで小当りラッシュの活用方法を見出します。

小当りは2種類あり、従来のアタッカー1回開放だけでなく、数回短時間開放するケースもあります。

液晶上ではパチスロのバジリスク絆の図柄だった、赤の弦之介だけでなく金の絆図柄もあります。

パチスロではバジリスクタイムをストックする演出だった、伊賀と甲賀の戦いが行われ甲賀側が勝つと金の絆図柄をゲットできます。

この図柄で小当りを引くと、90~120発程度の出玉を稼ぐことができます。

これが「絆乱舞」で、小当りラッシュ中に何回か手に入れることで大きく出玉を稼ぐことができます。

今回の小当りラッシュは3回の大当たりを挟んで400回転以上継続させることに成功しますが、絆乱舞は2回しか取れませんでしたが、不死チャッカーもあって6連チャンで合計8,600発ほど獲得します。

Pバジリスク~甲賀忍法帖~2 6連チャン

争忍バトルのポイント

確変中の当たりの判別は、バトル演出によって決まります。

争忍バトル演出で継続かどうか判定されますが、登場するキャラクターは弱い順に蛍火、夜叉丸、小四郎となります。

演出は弦之介のオーラの色が赤かったり、右下の巻物が金色になると激熱です。

Pバジリスク~甲賀忍法帖~2

他にも人別帖の消された人数が多いとチャンスアップなどがありますが、攻撃を受けてダウンしても朧復活演出が発生することがあります。

なお小当りラッシュ終了後は継続判定はなく、通常時の確変中では回避して継続することもあります。


実は今回大当たり濃厚演出が色々とあった

投資5,000円で8,625発獲得、約3万円近く2時間ほどの実戦で手に入れることができました。

色々と演出がありましたが、実は大当たり濃厚演出が色々出ていたことが後で発覚しました。

朧アイコンが出ている時に大当たりだと、先程のように10ラウンド濃厚だったのです。

バジリスク群で朧が点灯すると大当たり濃厚なのも、機種紹介のホームページに記載されていました。

玉持ちが非常に良いので、今後も打ち込みながら演出をチェックしていきたいと考えています。

コメント

機種や演出など、正確な情報をお届けしているつもりですが、その正確性を保証するものではありません。情報が不正確だったことに起因する損害が発生いたしましても、損害の補填や保証はいたしかねます。

また、パチンコ・スロットは遊戯です。お財布に余裕を持って遊びましょう!

タイトルとURLをコピーしました